So-net無料ブログ作成

アップデート5がやってくる! [D&D]

 こんにちは

 アップデート5のお知らせが書かれたDMが、DDOから届きました。さっそくリンクに飛んでみたところ、いろいろと変わることはありそうです。

 取りあえず、追加で何が来るのかという部分だけ見てみました。下段は翻訳サイトくんに頼んで訳してもらった文です

 ADDITIONAL FUTURES

・New Bard & Favored Soul Hireling classes to help you fight for greater glory and treasure! Available in the DDO Store.
より大きい栄光を求めて戦うことを手助けすると宝物であるべき新しいバード&賛成魂雇われ人クラス! DDO店で入手可能です。

・New Monk & Cleric Enhancements grant you more power than ever before!
新しいモンク&牧師向上はこれまでより多いパワーをあなたに与えます!

・New spells give Sorcerer’s & Wizards an edge over the competition!
新しいスペルは魔法使いの&魔法使いに競争の上のエッジを与えます!

・New Feats allow Fighters & Rogues to take it to the next level!
新しい偉業は、戦闘機&悪漢がそれを隣のレベルに持って行くことを可能にします!

・New trap parts allow Rogues to create their own deadly landmines and explosive grenades!
新しいわな部分は、悪漢が彼ら自身の必殺の地雷および爆発的な手榴弾を作成することを可能にします!

 ・・・・・( ̄▽ ̄;

 訳さないほうがわかりやすいんだが(^^;

1.バードとフェイバードソウルの傭兵が追加される
2.モンクとクレリックのエンハンスメントが追加される
3.アーケインスペルに新しいスペルが増える
4.ファイターとローグのフィートが増える
5.ローグが「罠作成」出来るようになる。手榴弾て、マジかいw

 超簡単に言うとこんなところですかね。

 アップデートがあると言うことは、またメンテナンスが来ると言うことだw

 しかしよく考えてみると、DDOが日本で始まった当時、「アップデートは小規模なものを短いスパンで行っていく」みたいな話が、運営元(多分Turbine)から発表されていたんですよね。それが途中で「小出しはやめて、長いスパンでドーンと大型アップデートしていくよん」と、方針が変更され、DDO本家の掲示板が荒れたとか何とか。そんな話を聞いた気がします。結局今では小出しのアップデートに戻ったってことなのかな。まあ、始まってから4年も過ぎたら、当初から遊んでいるユーザーにとってはもう飽きたクエストばっかってことになりそうだから、たまに大きなアップデートでは追いついていかないのかも(^^;

 しかしここの管理人のように、かじゅあるなぷれーやーにとっては、アップデートが多すぎて、ハッと気づくとクエストがあちこちに増えて、どれがどれやらよーわからんという事態に(^^;

 英語の理解力が今ひとつなのが、それに拍車をかけるわけでございますが(^^;ゞ

 アップデートの時間帯がちょうど日本でのゴールデンタイムにぶつかっているので、何となくメンテだらけのような気はするだけで、こんなもんなんだろうなw

 ただし、「メンテしたら別なところがおかしくなってまたメンテ」なんてーのは論外だけど(^^;

 モグラ叩きじゃあるまいし( ̄д ̄;

 さて、フィートやスペルの追加の他に、「カーニバル・オブ・シャドウ」なるアドベンチャーパックが追加されるようですね。前回のsentinelもコンプしたの一人くらいしかいないのに( ̄д ̄;

CARNIVAL OF SHADOW
The freaks are all about when the Carnival of Shadows hits town! It’s a circus of depravity and danger, and you have front-row seats for the show. Four new extensive dungeon adventures are coming your way when the Carnival of Shadows arrives. But the lights and the glitter hide a terrible darkness, and you’re acting without a net when you confront the Carnival of Shadows!

影のカーニバルが町に当たる時には、フリークすべてはあります! それは堕落と危険のサーカスであり、ショーのための前列座席を持っています。 影のカーニバルが到着する時には、4つの新しい広いダンジョン冒険があなたのところに来ます。 しかし、ライトときらめきによって、ひどい夜が隠れて、影のカーニバルに立ち向かう時には、ネットなしで行動しています

A Small Problem(小さな問題)

A dwarf is playing a hill giant at the Livewood Theater! You have to help a hill giant shaman overcome his stage fright and take his place on stage. Of course, he has some things he wants first . . .
Livewood劇場では小人が丘巨人と試合をしています! 丘巨人シャーマンが彼の舞台負けに打ち勝つこと、および段階において彼の場所を取ることを手助けする必要があります。 もちろん、彼は、彼が最初に望んでいるいくつかの物を持っています。 . .

Partycrashers

Your kind of party: violent and wild! Find the terrible secrets of the Carnival of Shadows by infiltrating a high-society soirée. In the deadly Illusionarium, the party really starts to rage.
種類のパーティー: 暴力的で、野生です! 高社会soireを浸透させることによって影のカーニバルのひどい秘密を見つけてください。 必殺のIllusionariumにおいて、党は本当に激怒し始めます。

The Snitch(密告者)

Someone knows what lurks behind the Carnival of Shadows, but he’s not in a talking mood. Chase the reluctant informant through the taverns, under the streets, and over the roofs of Stormreach and “persuade” him to tell you what he knows.
誰かが、何が影のカーニバルの後ろに潜むかを知っているけれども、彼は話し合い気分にいません。 通りのもとで、およびStormreachおよび「確信させてください」の屋根 彼が何を知っているかをあなたに言う彼 の上に居酒屋を通して不承不承の情報提供者を追ってください

Over the Big Top(大テントの上で)

Time for the Carnival to move on, but the management disagrees! Fight through the deadly games and wild rides to the heart of the shadows, and find out how freakish the circus freaks really are!
カーニバルが前進するけれども、管理が食い違っているという時間! 必殺のゲームおよび野生の乗りを通じて影の心臓に戦い、サーカスフリークが本当にどのように異常であるかを見つけ出してください!

・・・なかなか素敵な翻訳でございますm(__)m

 ライブウッドシアターという名前が出てくると言うことは、このシリーズの舞台はフィアランと言うことでしょうか。「Partycrashers」の項に出てくるsoiréeというのは、フランス語で「夕方」だそうです。と聞いて思い当たったのが、演劇などの一日2回公演。昼公演をマチネー、夜公演をソワレというのですが、その「ソワレ」がsoiréeなのか。おお、一つおりこうになったぞww

「high-society soirée」てーのは、なんかの組織なのかな。「上流社会の黄昏」みたいなイメージなのか、わかりまへんなあ(^^;

 多少なりとも単語の意味がわかれば、それなりに理解することは出来そうですが、それにしてもあんまり素敵すぎる翻訳でしたので、もう一度、今度は別の翻訳サイトで訳してみましたw

どうなったかというと・・・


nice!(0)  コメント(10)