So-net無料ブログ作成

スカイリム 今さら使ってみた有名MOD [Skyrim]

 こんにちは

 すっかりご無沙汰な管理人です( ̄∀ ̄;

 いろいろと忙しかったりして、最近はゲームもご無沙汰だったのですが、最近やっと少し動かし始めました。で、真面目にRPはちょいと置いといて、今さらながら試してみたこちらのMODの解説なんぞ。

http://skyrim.2game.info/detail.php?id=17
Quick Start



http://skyrim.2game.info/detail.php?id=9557
Alternate Start - Live Another Life


 このMODのネタバレですので、それがやんだなあという方は、ここからお引き返し下さりませ。
 初めて遊んでから何度かはいいとして、繰り返しニューゲームを始めてみると冒頭のドナドナ部分(馬車で護送されるシーンですw)がちょっとうざくなってくるものww

 Quick Startのほうは、そのドナドナをすっ飛ばして、ヘルゲンの馬車から降りたあと、ハドバルの『何者なんだ?』が終わった直後、キャラメイクからはじめられるセーブデータが入っています。当然ながらespファイルはありません。ついでに言いますと、これは手動導入です。解凍して出てきたファイルをsaveフォルダに放り込むだけです。まあこのあとも首チョンパやらドラゴンやらというイベントはあるわけですが、オープニングイベントを飛ばせるだけでもありがたいですね。特にあの冒頭部分は、固定のイベントであるにも関わらず、環境によっては馬車がひっくり返っていたりしてちっとも進められないということもある、なかなか困ったちゃんな部分らしいので( ̄∀ ̄;

 かく言う管理人も、何度か馬車ひっくり返り、ウルフリックがさるぐつわしてなくて主人公をじっと見てるとか、そんなシーンに遭遇したことがありますw

 でもね、馬車がひっくり返らないとしても、いろんなキャラを作っていろいろ試したりしてみたいときなんかは、いちいちドナドナしなくていいのは嬉しいもんですwww

 ここまで読めば『要はオープニングの最初のセーブデータなんだから、自分のデータ使ったっていいじゃん』とも言えるわけですよ。その辺はお好みじゃないですかね。このMODのセーブデータはMODとかなにも入ってないバニラ状態のデータなので、そういうデータを作るためにいろいろMODはずすのも面倒だしね( ̄∀ ̄;

 管理人はありがたく使わせていただいております。ただ一つだけ気になるのは、データの日付。2011年の日付なので、このMODの(セーブデータ1個をMODと言うかどうかは別にしてw)作者さんが、一番最初にまっさらで始めた時のデータなんじゃないかと思います。DLCとか全部出る前のデータですよね。今のところ問題は出ていませんので、気にしなきゃOKかなw

 さて、Alternate Start - Live Another Life のほうですが、こちらはドナドナどころか、『スカイリムの主人公は国境を越えようとして捕まった囚人』というオリジナルの設定ごとひっくり返すというものwww

 いろんな場所からゲームを開始できます。用意されている選択肢はたくさんです。それについてはMOD紹介ページを見ていただく&実際に体験していただくとして、今回はそのさまざまな選択肢を選んだ「後」の話をしてみようと思います。

 このMODを導入してニューゲームを始めると、どこぞの屋内でいきなりキャラメイクが始まります。MOD追加の場所かと思いきや、バニラに存在する牢獄。(廃墟と化した牢獄(Abandoned Prison))

 キャラメイクが終わったら、近くにマーラ像があるので探してください。キャラメイクが終わったあとは一人称表示になっているので、3人称にしてみるとすぐ近くに見つかります。マーラ像に触るとしゃべります。英語なので管理人にはさっぱりですが、つまりはこのあとの人生をどう生きるかここで選ぶということ。ここの管理人、せっかくこのMODを入れてみたので、まずはいろいろ試そうと、選択肢を選ぶ直前でセーブしておきました。

 先に断っておきますが、ここの管理人は全部の選択肢を試したわけではないです。ただ、だいたいの選択肢は、選んだあとの流れは似たような感じみたいですねぇ。そのあたりを補完するためなのか、こんなのも出ているみたいですが、管理人は入れてないです。
http://skyrim.2game.info/detail.php?id=57184
Escape the Cell - Mini-stories for Live Another LIfe and Skyrim Unbound

「Skyrim Unbound」というのは、やはりオープニングを変更するMODらしいですが、workshopでのみ公開されているそうな。これも管理人は入れてないです。

 で、そういった補完MODはいれてないとしても、このMODだけでどんな流れになるのか。ヘルゲンに行かないのにどうやってメインクエスト始めるのか。大まかに言うと流れはこんな感じ

 選択肢で選んだ場所に降り立つ。⇒選択肢に合わせた持ち物や服が自動的に追加されている状態
  ↓
 降り立った場所の近くの宿屋などで、『南のほうで戦闘があったらしい』という噂を聞き、真相を確かめるためにソリチュードかウィンドヘルムへいく。
  ↓
 ソリチュードかウィンドヘルムへいき、酒場で噂話を聞く⇒ここで聞ける話は前に聞いた話と同じだが、その話をもっとよく知る人物や場所についての話が聞ける
  ↓
 教えてもらった場所に行って、酒場で話を聞く
  ↓
 噂をよく知る人物のことを聞き、その人物を追いかける⇒結構長い距離を移動することになるので、ある程度の装備はあると安心です
  ↓
 その人物に会って話を聞く⇒ダークウォーター・クロッシング付近で、帝国軍の大規模な作戦があるらしいことを聞き出す
  ↓
 ダークウォーター・クロッシングに行き、鉱山内に入る。
  ↓
 鉱山の中で最初に出会う労働者(入ってすぐの右側の鉱脈を掘っています)と話をすると、MODの会話が追加されているので、その内容に基づいてヘルゲンへ向かう

 ということで、やっとこさヘルゲンに向かうことに。

 結構長いですw

 どの場所から始まっても、たいていは宿屋で噂話を聞いてヘルゲンに向かうという流れです。山賊やフォースウォーンだとその手は使えないので、どうなるのかは未確認です。すぐにメインクエに入れるのは、『森で暮らしている』ですね。これはヘルゲンの近くに野営しているところから始まるので、そこからメインクエストが始まります。

 しかし、それ以外は噂話を辿っていかなければならないので、特に選択肢の中でも宿屋の常連などだと、ウィンドヘルムやソリチュードに行くのに不便です。大都市の宿屋で始めれば馬車を使えますが、小さい宿屋で始めると、歩いていくしかないですからね。管理人は試しにロリクステッド付近の農場所有から始まり、ロリクステッドの宿屋で噂を聞いて、ソリチュードまで歩きました。ええ、歩きましたよ( ̄▽ ̄;

 そしたら詳しい話を知っているやつがドラゴンブリッジにいると言われて今度はドラゴンブリッジへ歩いて、酒場で話を聞いたらその噂を知っているやつがいるといわれて追いかけ始めたら異様に足の速い奴で、走っても走っても追いつけなかったわwww

 そしてダークウォーター・クロッシングですが、クエストマーカーは外に出ているものの、近くにいるのは子供とストームクロークの衛兵が二人ほど。近くの家は鍵がかかってるし、仕方ないので鉱山の中に入って、入口近くにいた女性に話しかけたら、話が進みました。これわかりにくいわ(^^;

 ダークウォーター・クロッシングからヘルゲンに来るまでにも、狼などに襲われます。気をつけて進みましょう。

 ヘルゲンに来ると、なんと空をドラゴンが飛んでいる!!

 ここでヘルゲン調査のクエストが出るので、マーカーを表示させて進みましょう。ここでのマーカーはちゃんと目的のものについていますw

 それがなんと「焼けた死体」( ̄д ̄;

 画像とはわかっていても、気分のいいものではありませんがね。

 さて焼けた死体に触れると、完全に灰になっていたらしくぼろぼろに崩れてしまったが、持っていた日記だけは何とか読める程度に残っていたので読んでみることになります。この日記を書いた人物は、ストームクロークの囚人たちと一緒に、馬車でヘルゲンに護送されたらしい。

 ・・・どこかで聞いた話のような・・・( ̄∀ ̄;

 日記の中では、突然のドラゴンの襲撃で、ハドバルとレイロフという二人の人物と共に、この日記を書いた人物が生き残ったと書いてある。ハドバルとレイロフは考え方の違いがあると書かれているので、相反する勢力に身を置くもの同士なのではないかということが推測されます。しかし二人はそのままヘルゲンを脱出しようとはせず、日記を書いた人物に『ヘルゲンの近くにあるリバーウッドという町に、ドラゴンの襲撃を知らせてくれ』と頼み、生存者を探してヘルゲンの地下に広がる洞窟へと向かったとのこと。しかし、残念ながらこの日記を書いた人物は、二人の頼みを遂行する途中で、どうやらドラゴンに襲われて命を落としたようです。

 ここで主人公のとるべき選択肢はふたつ。日記を書いた人物が果たせなかった『リバーウッドに知らせに行く』ことを引き継ぐべきか、『ハドバルとレイロフ』という二人の人物の安否を確認すべく、洞窟へと向かうか。

 もちろん、この日記をほっぽらかしてあちこちふらふらというのもありですがww

 しかし、オリジナルのヘルゲン脱出クエストより、なんと言うか緊縛度が高い雰囲気です。ここはやはり、『ハドバルとレイロフ』を探して、洞窟へと向かうべきかと。ちなみに、ヘルゲン砦の中はこの時点で入ることが出来ます。ハドバル側からもレイロフ側からも可能なんですが、中に入っても戦闘はなし。あちこちに帝国兵とストームクロークの死体が転がっています。かなり奥まで進めるのですが、地下の洞窟に降りたところで橋が壊れて行き止まりになっています。ここはオリジナルだと、拷問部屋を過ぎて洞窟に下りて、ストームクロークたちと戦ったあと、レバーを動かして下ろした跳ね橋のところです。内部構造自体に変更はありません。中にあるものは好きに拾ってくることが可能なので、必要なものはいただいてきてもOK。ここの管理人はMODアイテムをいくつかセットしておいてあるので、全部回収してきました。

 ということで、やってきました洞窟。入り口は、オリジナルのクエストだと出口になるところ。あそこから中に入っていくと、熊がいる辺りに、クエストマークがふたつついています。それぞれハドバルとレイロフが、瀕死の重傷を負って倒れていました。どちらにも話しかけることは可能。すると二人とも『なぜ戻ってきた』と主人公を非難。リバーウッドに早くドラゴンの襲来を知らせなければ、町が灰にされてしまうと苦しい息の下から2人とも必死です。で、二人に話しかけると、それぞれに『ポーションを渡す』というオプションクエストが出ます。つまり、この時点でどちらかを選ぶことになるわけですね。ただ、ここに来ないでリバーウッドに行けば、ドラゴン襲来を伝えてホワイトランに向かうというメインクエストに繋がるので、このMODのメインクエストは、無理してどちらかを選ばなければならないと言うことにはならないみたいです。でもほっとくのもなあ( ̄д ̄;

 さて

 この2人のうちどちらかを助けるためにポーションを渡すと、直後に洞窟の崩落が起き、選ばなかったほうのキャラが倒れていた場所には大きな岩が><

 この展開はかなり後味悪い(^^;

 オリジナルだと、2人とも外にいて、選んだほうのキャラと一緒に中に入ったあとは、もう一人のほうがどうなるのかは言及されませんから。

 で、続きね。ポーションを飲んで動けるようになったほうのキャラと一緒に洞窟を出ることになり、出た後の展開は同じですが、アルドゥインが飛んで来て隠れるという展開はなしです。そしてリバーウッドに向かう途中の会話も元々のオリジナルのもの。

 となると、当然会話の内容はかみ合いませんね。帝国側だと『お前はもう許されるだけの働きをした』ストクロ側だと『帝国のやり方は今日のことでわかっただろう』的なことになります。これは管理人の推測ですが、(いやもしかしたらdescriptionにはちゃんと説明されているかもしれないけど、ここの管理人英語はからきしなので)このMODのメインクエストだと、ハドバルとレイロフは、洞窟に入ってきた主人公を、「自分たちと一緒にドラゴンの襲撃から生き残った囚人」つまり日記を持ったまま灰になっていた人物と間違えているという設定なんじゃないですかね。まあ『気づけよそれくらい』と突っ込みたくなるのは山々ですが(´・ω・`)

 最初は2人とも瀕死ですから、顔なんて見分けがつかないとしても、元気になってからまで勘違いしたままって、あんた人の顔ちゃんと見てんのかよ、とww

 マーラの選択肢を選んだあと、どこかでヘルゲンの噂を聞きつけてやってきた主人公とは別に、オリジナルの設定と同じに、「国境を越えようとして掴まった囚人」がいて、ヘルゲンでドラゴンに襲われた。オリジナルと違うのは、ハドバルとレイロフが協力してヘルゲンからの脱出を図ることにしたというところ。しかしリバーウッドへ向かわせようとしたはずの囚人は命を落とし、噂を聞きつけてやってきた主人公がハドバルとレイロフを発見して二人を助けようと一人ずつにポーションを渡そうとしたところ、片方が落盤で命を落とし、結局ヘルゲン襲撃から助かったのは、主人公が助けたハドバルかレイロフのみ。

 このMODはオープニングを改変するものですが、さて、帝国軍やストームクロークに入るときの会話で何かあるのかないのか、そこまでは検証していないのでわかりません。でもいつものオープニングに飽きた時、たまには違う人生を歩んでみるのもいいかもしれませんね♪

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。