So-net無料ブログ作成
好きな本 ブログトップ

あさきゆめみしアニメ化中止だったっけw [好きな本]

 そういえば、書こうと思ってて忘れてたなあ・・・

 「あさきゆめみし」と言えば、多分知らない人はあんまりいないと思われる、大和和紀さんの書かれた源氏物語まんが版。源氏物語を理解する上で、実に優れた作品だとの呼び声も高いこのまんががアニメ化されるという話を聞いて、雑誌連載時から読んでいた管理人としては実にうれしい話の反面、アニメであの世界が表現できるのかという不安も感じていたわけなんですが、どうやらその話は企画変更になったようですね。

続きを読む


コメント(0) 

時代は「とりぱん」!!ww [好きな本]

 こんにちは。

 久しぶりに好きな本の紹介などw

とりぱん 6 (ワイドKCモーニング)

とりぱん 6 (ワイドKCモーニング)

  • 作者: とりの なん子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/11/21
  • メディア: コミック


 「とりぱん」ですよ。これがもうおもしろいっ!!!
 内容としてはエッセイまんがのジャンルかな。青森県に住む作者の「とりのなん子さん」が、日々の暮らしの中でいろんな自然を紹介してくれる・・・と言うとなんか真面目なまんがみたいですが、いや真面目なんだけど、別にふざけてはいないんだけど、その着眼点が奇想天外で、毎回顔のシワが増えるのを心配しなきゃならないほど、笑わせていただいております(^^;

 家の庭に鳥用のえさ台を作って、そこにやってくる鳥を観察したりしているわけですが、同じエサを巡って鳥同士が喧嘩を始めて、壮絶な空中戦を繰り広げたとか、思いがけない天然記念物ばりのレア鳥との遭遇などから、冬場の家の廊下のほうが、冷蔵庫の中よりも寒かったとか、東北最北端の県ならではのエピソード、など盛りだくさんです。

 特に「T松の池」での白鳥のエピソードはもう爆笑ものww

 ただし、白鳥に対するロマンチックなイメージは崩れ去りますがww

 とにかくっ!!

 一度読んでみてくださいませ~♪

 現在6巻まで刊行中です(^^)

コメント(0) 

瘤取り晴明 [好きな本]

 またまたジャパニーズファンタジーです。
 陰陽師シリーズですが、これはちょっと「絵本」的な作りをしているものですね。ちょっと不思議な、でも物語とぴたりと合った挿絵が随所にちりばめられています。

 夢枕貘さんのHPで連載されていたものを単行本として出し、少し前に文庫化されたようです。夢枕貘さんの公式ページもおもしろそうなんですが、有料なので未だ手を出していません(^^;

 話としてはそんなに長くないので、すぐに読めます。

 今回は源博雅の笛が大活躍。

陰陽師―瘤取り晴明 (文春文庫)

陰陽師―瘤取り晴明 (文春文庫)

  • 作者: 夢枕 獏
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2008/01/10
  • メディア: 文庫


続きを読む


コメント(0) 

ジャパニーズファンタジー健在! [好きな本]

「ゆこう」
「ゆこう」
そういうことになった。

※夢枕貘著「陰陽師」シリーズより

 陰陽師というと、誰もが思い浮かぶのは野村萬斎さん主演の映画でしょうか。豪華なキャスト、絢爛な衣装やセット、SFXをふんだんに使った(と言う表現でいいのかしらw)方術合戦。

 確かに有名だし、主演の野村さんは夢枕貘さん御本人が指名された配役と言うだけあって、いわば原作者のお墨付き的な作品なんですが・・・・

続きを読む


コメント(4) 

櫻の園 [好きな本]

 学校は丘の上にあり
 ぐるりを取り囲む 数百本の桜は
 花の季節になると ぼうとかすんで
 薄紅の冠を かぶっているように見える

  ※吉田秋生著「櫻の園」冒頭より

 吉田秋生さんというマンガ家さんの著作「櫻の園」が映画化されるとか。

櫻の園 白泉社文庫

櫻の園 白泉社文庫

  • 作者: 吉田 秋生
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 1994/12
  • メディア: 文庫

続きを読む


コメント(0) 

「あさきゆめみし」アニメ化決定! [好きな本]

こんにちは

 なんでも「あさきゆめみし」がアニメ化されるとか。と聞いて「?」と思われた方のためにちょいと説明しますと、

1.大和和紀さんというまんが家さんが描かれたまんがである
2.原作は紫式部である

 まあここまで書けば、内容はおわかりかと。そう、あの「源氏物語」のまんが版です。たかがまんがと侮る事なかれ。美しい絵と、わかりやすくも原作の雰囲気を壊さない美しい台詞でつづられる、「世界一わかりやすい源氏物語」とまで言われるほど、広く長く読まれている物語です。

 今年は「源氏物語千年紀」

 源氏物語が出版されて1000年目に当たるとか。この「あさきゆめみし」も、雑誌掲載時のカラーページをそのまま再現した単行本が改めて出版されています。雑誌掲載当時から読んでいたワタクシといたしましては、ぜひとも手に入れたいアイテムなんですが・・・・・が・・・・が・・・・!!!

続きを読む


コメント(0) 
好きな本 ブログトップ