So-net無料ブログ作成

スカイリム なぜLE版だったのか? [Skyrim]

 こんにちは

 DDOのほうに今一つネタがないので、スカイリムの話を書いていたりする管理人ですw

 今回LE版で始めた冒険では、試したいMODがあったけどどうにもこうにもSE版SKSEを入れるとCTDしてしまうということで、LE版で遊ぶことにしたと書いたのは前回。

 魔法使い&吟遊詩人のように、SKSEなしで遊べばいいんじゃないのという疑問もあろうかと思いますが、それは今回のキャラに使用する予定の、装備に関係していました。

 ということで、今回はLE版で始めたキャラの紹介と、使用装備などのお話。

 いずれ盗賊ギルドにもぐりこむことになる今回のキャラがこちら
LE-Chara-Claris.jpg

 クラリス・ベルガモット。ブレトンです。

 今回はおなじみAlternate Start - Live Another Lifeを使用、『襲撃で死んだと思われ取り残された』を選びました。

 そしてそこから、今回のキャラの背景設定をこんな感じに。結構ヘビーですw

 故郷のハイロックには居場所を見つけられず、タムリエル中を回るキャラバンの一員として旅に出た。しかし旅の途中で山賊に襲われ、クラリスは捕えられて奴隷として売り飛ばされてしまった。てっきり売春宿にでも放り込まれるのかと思っていたが、連れてこられた先はどこかの盗賊団のアジト。クラリスはそこで罠解除の仕方や鍵空け、音を立てずに移動する方法や後ろからこっそり近づいて敵を仕留める方法などを学んだ。盗賊の手先として、何年過ごしただろうか。
 ある日その盗賊団はキャラバンに化けてスカイリムにやってきた。目的地はソリチュード。大きな仕事をするためにだいぶ前から準備していたらしい。

 だがファルクリース地方を越える途中、帝国軍の待ち伏せに遭い、盗賊団は壊滅、クラリスは荷物の下敷きになって気を失い、気がついた時には辺りには誰もいなかった。どうやら死んだと思われて取り残されたらしい。気を失う直前、帝国兵達が『いないじゃないか』『こいつらじゃないのか』などと口々に言っていたのが聞こえたのだが、あれはどういうことだったのだろう。

 ともあれ、クラリスは盗賊団から解放された。アジトを出る時に持っていた魔法の袋やお金はまだあった。これならばなんとかなる。とりあえず急いでここを離れよう。誰も戻ってこないとは思うけれど・・・


 盗賊ギルドには、全くの素人としてではなく、ある程度の技術を持っているという状態で行きたかったので、今のところはまだ修行中です。

 背景設定に出てきた『魔法の袋』はこちら
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=21454
 Haven Bag

 うちのスカイリムには必須MODです。
 今回は、これはあるお屋敷からクラリスがたくさんの財宝と共に盗み出したものだが、盗賊団の面々はその価値を認めず誰もほしがらなかったので、クラリスが持っているという設定に。

 次に今回使用予定の武器ですが、それがこちら
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=22316
 Breton Longbow
 せっかくブレトンだというのもありますが、いつも入れてる武器パックは結構いろいろ追加するんですよね。ただ今回は盗賊としてほぼ一人で行動するので、フォロワーの武器防具については心配なし。なので自分で使う分だけの弓がひとつと、ダガーと片手剣でもあればということで近接用はこちらの武器。
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=13675
 Black Sting
 いかにも暗殺者向けの、シンプルな武器です。今回は別に暗殺のほうはやりませんが、盗賊の武器としてもいい感じなのでこちらを採用。

 そしてクラリス嬢の顔グラですが、textureはこちらを使用
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=7887
 Pretty Face
 の、v1.9を使いました。2.0はなんだかかなり顔立ちが変わっているので、ちょっと好みに合わなかったです。

 どのくらい感じが変わるかというとこちら
PrettyFace-05.jpg

 1.9で作った顔に、2.0のテクスチャを入れてみたところ。
 これは最初に顔を作っていた時のプロトタイプ。

 撮影の角度も微妙に違うので単純に比較するのはどうかなと思いますが、1.9は自然な感じがするのに、2.0がどうにもこうにもマネキンぽさを感じてしまって。
PrettyFace-01.jpg

PrettyFace-02.jpg

PrettyFace-03.jpg

PrettyFace-04.jpg

 あくまでここの管理人の印象ですが、今回は1.9を使用してあります。

 髪は「SGHairPack350」ですね

 そしてアーマー。そもそもSKSEを使わないでSE版でプレイ開始が出来なかったのは、このアーマーが原因です。

 このアーマーMODは「luxurious seduction」と言いまして、nexusにはありません。最初に見たのは、こちらのMODでキャラに着せていた装備。
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=83335
 Multi Colored KS Hairdos
 LE版のトップに貼られている画像の女の子が着ているのがこのアーマー。
 ただし現在nexusに上がっている画像には使われていないので、Descriptionのcreditには載っていません。ここの管理人はこの装備がいいなあと思って名前を頼りに検索して見つけました。

 これをどうしても使いたいと思ったのですが、このMODには必須でないけどないと困るものと、必須なのでないとCTDするという2つのMODが必要です。

 まずはこちら。
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=26800
 XP32 Maximum Skeleton - XPMS
 「luxurious seduction」のパーツは、胴着、ズボン、ベルト、ストッキング、手袋、ブーツ、ジャケットですが、ズボンとストッキングは共存させるとテクスチャが混ざるので、どちらか1つ。まあそれはいい。問題はジャケット。他のパーツは問題ないのですが、ジャケットを着せるならば上記MODは必須。ないと確実にCTDします。

 次がこちら
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=36213
 HDT HighHeels System
 言わずと知れたハイヒール装備の必需MOD。もっともこちらの場合は必須装備として紐付けされているわけではなく、ないと足が埋まるという話。なので地面に足が埋まっても別にいいさという方は気にしなくてOK( ̄∀ ̄;

 でもせっかくのハイヒール、どうしても使いたいということで、最初SE版でSKSEを導入しました。SE版にはHDT HighHeels Systemはありませんが、こちらのMODでハイヒールの高さを調節出来ます。
 http://skyrimspecialedition.2game.info/detail.php?id=13381
 Lazy Tools
 メインファイルの中にある「LazyHeels」というファイルが、HDT HighHeels Systemと同じ働きをしてくれます。多分HDT HighHeels Systemよりシンプル。

 あと、ジャケットを着せるためにこちらも導入しました。
 http://skyrimspecialedition.2game.info/detail.php?id=1988
  XP32 Maximum Skeleton Special Extended - XPMSSE

 こちらはLE版のこちらのSE版
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=68000
 XP32 Maximum Skeleton Extended - XPMSE
 管理人がLE版で使っているスケルトンMODの後継版なのですが、こちらが必須。
 http://skyrimspecialedition.2game.info/detail.php?id=3038
 Fores New Idles in Skyrim SE - FNIS SE

 そんなわけで、以前FNIS導入について記事を書いたりしたわけです。

 しかし、結局SE版でプレイを始めることは出来なそう。でもあきらめるのはいやなので、前回書いたように、幸いLE版からの移植MODがほとんどなので、SKSEを入れて安定しているLE版でのプレイとなりました。

 あと、試したかったMODがもう一つありまして、それがこちら。
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=70495
 Amorous Adventures
 うちで導入しているのはClean版のほうです。もう一つのほうだとFNIS必要ですよね。まあ入れてもいいんですが、うちの子は女の子なので、相手がほぼ女性だとどうにもw
 ここの管理人はいい年のおばちゃんなので、今さらそう言うシーンを見たところで「キャー」とか言ったりはしませんが、今回はClean版を楽しみますw

 NPCとの会話が増えるのが楽しいんですが、フルボイスなので全部英語なんですよね。SE版だと英語音声で楽しんでいるので、そちらで始めた魔法使いにも入れてあるのですが、レイロフの動きが途中で止まったり、リバーウッドでの会話が一部発生しなかったりしているので、今回はまあそのまま進めて、あとでもう一度試そうかな、なんて思ってます。

 何かとぶつかっているのか、仕様なのかまではまだ判断が付きません。

 そして始めてしばらく過ぎたところで、思わぬ壁にぶつかって、またまた足踏みした話もそのうちw

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。