So-net無料ブログ作成

DDO 大いなる勘違い( ̄▽ ̄; [D&D]

 こんにちは

 本格復帰して楽しんでいるDDO、先週はついにU33が実装されました。また新しいクエストが増えるんでしょうけど、もうずっと追いつけていないのでなじょにしたもんだが( ̄∀ ̄;

 先日はハーバーにだけ入れないとか大騒ぎしていた管理人ですが、それが3日ぶりに嘘のように普通に入れるようになって、DDO側のサーバー再起動がどうのという記事があったからそれで直ったのかなと勝手に解釈していました。

 それが大間違いだったという間抜けなオハナシ( ̄∀ ̄;

 再起動した、のではなく、再起動しなかった、というのが正解w

 クライアントを立ち上げると右下側に表示されるお知らせ。そこに書いてあった『server restart』の単語を見つけ、「ふーん、再起動したのか」と、勝手に解釈していたわけです。しかし、そのお知らせを、よーく見た。よーくよーく見た。そしたら『No』の文字があるww

 そこでコピペしてWeblio先生に訳していただいたところ、『いつもやる予定のサーバーの再起動を、U33準備のためにやりませんでした』という話だったことが判明(^^;

 そして、ハーバーには嘘のように入れるようになったけど、セラニスのUCチャンネルが表示されないという事態が判明。そしてたまにだけど、マーケットプレイスの銀行に入れなくなったり、デニスに入れなくなったりと時たま不具合が起きる。なんでもDDOの使用ポートが拡張されたとかで、セキュリティソフトやWindowsのファイアーウォールの設定によってはそんな不具合が起きる可能性があるらしいです。うちのUCも、SSを確認したところ、10/2まではきちんと表示されていたことが判明。その後についてはどの時点で見られなくなったのかはわかりません。大体UC人数1なんて時もあったくらいだから、入った時に状態が表示された後誰一人発言していなければ、何も出てこないからわかんないわよ(´・ω・`)

 ということがありまして、前回の記事の『DDO再起動』はここの管理人の大いなる勘違いだったというお話でございます。そしてここからが本題www

 本格復帰と言ってもUCが見れたり見れなかったり、しかもUCの募集クエはちんぷんかんぷん、さらに野良募集についても、お世辞にも盛況とは言い難い今のDDOの中で、傭兵は大事な旅の友。しかし・・・

 コンピューターAIはねぇ・・・( ̄∀ ̄;

 というわけで、今回は管理人が使ってみた傭兵の感想など。もちろん使ったことがあるクラスだけとなります、そして管理人の主観バリバリですのでそこはご了承のほどをw

 まず傭兵の操作パネルですが、呼び出された当初は盾のアイコンの枠がぐるぐる水色に光ってます。これだとPCを護衛してくれる模様。お隣の剣が交差したアイコンにしておくと、敵を見つけ次第突撃してくれます。

 で

 いつもはこの盾のアイコンにしておくんですが、これが結構うまくいかない( ̄∀ ̄;

 クレリックはね、ちゃんと回復してくれます。あとは呪文で攻撃もたまにしてくれます。ローグは鍵罠の仕事がない時は普通に戦闘に参加します。そこそこ戦闘力もあるように作られているらしいですね。前衛クラスはどれをとっても敵を攻撃してくれる・・・はずなんだけどなww

 この盾のアイコンにしておくと、PCを守る行動はしてくれますが、逆に言うと、PCが傷つけられない限りぼけっとしてることもあります。あれ何が違うんだろね。目の前に敵がいて、こっちは応戦してるのよ。でも敵の攻撃は当たらず、うちの娘は傷ついてない。となると、前衛氏に限らず、傭兵君たち、ぼけーっとしている( ̄∀ ̄;

 そういう時は剣の交差アイコンに変えるんだけど、そうすると敵に向かっていくんだよね。でもしばらくすると、攻撃アイコンにしていてもぼけー。盾のアイコンにすると向かっていくwww

 一定時間ごとにサボるAIでもついてんのかこいつら(´・ω・`)

 なんというか、妙に人間臭い傭兵ですが、まあ、助けにはなってくれているので良しとするしかないのかなww


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。