So-net無料ブログ作成
検索選択

スカイリム アサシンプレイその後 [Skyrim]

 こんにちは

 アサシンプレイその後です。今のところは順調にクエスト進行中。以下、メインクエ、闇の一党クエ、こちらのMOD
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=61123
 Dark Brotherhood for Good Guys
 必殺仕事人張りの暗殺者プレイが楽しめる可能性があるMOD

についてのネタバレを含みます。



 メインクエストはサルモール大使館までクリアし、エズバーンを探しに行く手前です。ここまで進めて、上記のMODで追加された手紙などについては、サルモール大使館の内部にあるものは回収してきました。ここに置かれているものに限らず、ほとんどの手紙、本はテーブルの上などに置かれているのですが、たまに床に落ちていたりすることもあるので、注意深く探さないと厳しそうです。ちなみに大使館内で手に入るのはエレンウェンに宛てたヴィットリア・ヴィキの親書。エレンウェンの日光浴室にある、ウルフリックとデルフィンについての調査書が入っている箱の近くにある、机の上にあります。今回は床に落ちてたけどw

 大使館では相変わらずたくさんのセレブがにこやかに談笑しています。
ScreenShot3674jj.jpg

 今回はアヴェニッチがいたのにバルグルーフ首長はいませんでした。マルカルスのイグマンド首長、ソリチュードのエリシフ首長、モーサルのイドグロッド首長、ファルクリースのシドゲイル首長と、帝国派がずらり。ウィンドヘルムのウルフリック首長はもちろんですが、ドーンスターのスカルド首長、ウィンターホールドのコーリル首長、リフテンのライラ首長といったストームクローク派はさすがに誰も来ていないというわかりやすさ。そ知らぬふりでパーティーに潜り込み、帝国やサルモールの動向を探るような首長がいてもよさそうなんですがねw

 ここの管理人のいつものプレイスタイルだと、大使館では無用な殺しは避けて隠密裏に必要な仕事を終わらせることにしていますが、今回は暗殺者。厨房から大使館内部に入ってすぐの部屋にいるエルフ殿は二人とも始末させていただきました。中庭に出てからは、エレンウェンの日光浴室の前にいる見張りと、庭にいた護衛の兵士を始末。もう一人いたのですがたまたま外側の柵の近くに移動していて視界に入っていなかったので、深追いはやめておきました。ところが日光浴室に入ったところ、第3特使ルリンディルに必死で何かをお願いしていたギシュールという人物を間違えて殺してしまったのでやり直し( ̄∀ ̄;

 彼を死なせる必要はないよねー。何の関係もないみたいだし、たぶん。というわけで改めて入り直し、階段の前に陣取るエルフを殺してから二階に上がってみたけど、ここの大使館内のアイテムって取っても盗みにならないのねww

 まあ何も持ってはきませんでしたが。目的はこの建物の中にあるかもしれない『ドラゴン襲来に関する何かしらの資料』を探すこと。クエストマーカーが自己主張しているのでそこを漁ってデルフィンやウルフリックの調査書を手に入れ、例の親書も手に入れ、奥にある尋問室では誰かを拷問するサルモール兵士と先ほど声だけ聞こえたルリンディルを始末。ルリンディルの懐には、上記MODで追加された手紙が入っているので、身ぐるみ剥いできたほうが確実と思われます。あと、『サルモールの命令』という手紙がほとんどのサルモール兵士やウィザードの懐に入っています。確かに、暗殺者が『Good Brother』に思えそうなほど悪辣なことが書いてありましたwww

 まあこのMOD、殺されるにはそれだけの理由がある、というコンセプトのもとに作られています。暗殺対象がいい人だと剣先が鈍りそうだもんね(^^;

 それにしてもこのMODでは、サルモールは悪の巣窟のようです。まあバニラでもそんな感じだけどね( ̄∀ ̄;

 マルカルスにいるサルモールのオンドルマールあたりは比較的話が分かりそうな雰囲気ではありますが、エレンウェンのパーティでは杓子定規なことしか言わないので、パーティで彼と話をすると、魅力半減かもw

 さて拷問されていたお兄さんを開放してエズバーンの居所も分かったので、さっさと逃げようかと思っていたら、あ、これからマルボーンが捕まるんだったと思いだしたww

 忘れるところだったよ( ̄∀ ̄;

 声が聞こえるのを待って近づき、兵士を二人とも始末してマルボーンを救出。このシーン、以前は声が聞こえたら結構急いで行かないとマルボーンがすぐ殺されていたんですが、ちょいと猶予がありました。USLEEPの変更なんですかね。わからんけど。拷問されていた男と三人で大使館の地下に降りると、地下の洞窟内にある死体のそばに『珍しい石』があります。今回は集める予定はないのでスルー。まああとで気が変わったら取りに来ることもできるしね。

 ということで無事サルモール大使館から生還し、まずはデルフィンと再会。闇の一党クエのほうはというと、アマウンド・モティエールに会って仕事を請け負い、例のアミュレットを売り払ってきたところまで。夜母の棺イベントが終わると慌ただしくなりますねw

 デルビンから信用状をもらいましたが、それを持って聖域に戻るとヴィットリア・ヴィキの結婚式になってしまうので、信用状を持ったまま大使館に潜入してました( ̄∀ ̄;

 メインクエが一区切りとなったので聖域に戻り、ヴィットリア・ヴィキを暗殺しに行ったんですが、ここでいささか疑問が。

 アストリッドからの指令は『招待客と話をしているところを殺せばボーナスとしてゴールドを支払う』というもの。しかし、前回ノルドで進めていたときは演説の最中に殺してしまい『ボーナスはなしよ』となりました。そこで今回は招待客と話しだすまで待っていようと、神々の聖堂から出られる屋上で待ち構えていたんですが・・・

 この人、席に座っているか演説しているかのどっちかだけだよね。しばらく見ていましたが、座る⇒演説⇒座る⇒演説と、いつまで待っていても招待客と話し出す気配がないので、狙いやすい演説中に再び殺しました。で、前回はさっさと逃げてしまったんですが、今回はMODで追加される手紙や指示書の類が入っていないかを確かめるために、しばらくスニークでおとなしくしていて、ヴィットリアの死体からNPCが離れるまで待っていました。そして死体を調べましたがやはり何もなし。まあウェディングドレスはいただいておこうと、身ぐるみ剥いできましたが( ̄∀ ̄;

 その途中でヴィーザラが現れたので、後は任せて聖域へ。

 アストリッドに報告すると、なぜか今回は『指示通りの殺しなのでボーナス進呈』ということになり、無事ゴールドゲット。

 なんで????( ̄▽ ̄;

 最初の演説で殺さず、しばらく待ってるといいんだろか。そういえば式場の新郎新婦席に向かって右側にある扉から入ると直接小さいバルコニーに出て、そこにユニーク弓が置かれていたりしますが、あそこから狙って暗殺すると、ヴィーザラがやってきたときに敵まで現れて見つかってしまいますね。前回はそれで大変だったので、今回は神々の聖堂から出られる屋上で待機しました。いや実はいっちばん最初に闇の一党クエストラインを進めたときは、あんな小さなバルコニーにいた記憶がなかったのよ。なんかもっと広い場所から狙ってたような記憶がよみがえり、今回は入念に下見して、あ、ここか、となりましたw

 屋上から狙って演説中に殺せば、ヴィキの死体を漁るのも都合がいい。もっとも小さなバルコニーに置かれているユニーク弓はほしかったので、まずはそのバルコニーに入って弓をとり、それから神々の聖堂の二階に上って屋上に出たんですけどね。今回はヴィキの死体からいろいろいただいているところにヴィーザラが現れたのですが、この人(人じゃないけどw)って自分で言うほどすごい暗殺者でもないような( ̄▽ ̄;

 で、このイベントを終わらせて聖域に戻ったのですが、ここで一つ失敗をやらかしました。

 ここの管理人、今回のプレイからいろいろな便利MODをいくつか入れて楽しんでいるのですが、その一つのこちら
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=74133
 Quick Menus
 これはもういろんな多機能MODとしか言いようがないので、どういうことが出来るものかは説明書きを読んでくださいw

 このMODの機能の一つに、自宅に飛べるというものがあります。バニラの家はあらかじめメニューに入っていますが、そのほかMOD家も登録すれば対応可能。これを使って一気に闇の一党聖域内部に戻ったら、このあと起きるはずのイベントが起きず( ̄▽ ̄;

 直前のセーブを呼び出して通常のFTで聖域に飛び、中に入ったところ話が進みました。こういうところで手抜きをしてはいけないという戒めですね( ̄▽ ̄;

 次に起きるイベントと言えば、シセロがアストリッドを殺そうとして失敗し、聖域から逃げ出したというあれです。シセロを追う前にナジルと話をして、仕事を請け負い、ふと、指示書のことを思い出してナジルの懐を漁ったら・・・

 あった( ̄▽ ̄;

 今までの殺しの指示書がナジルの懐にww
ScreenShot3676jj.jpg

 そこで聖域に来たばかりのセーブデータを呼び出し、ナジルに話しかける前に懐を漁ったところ、なにもなし。話しかけて仕事を請け負ってからもう一度漁ったら、受けた分の指示書があった。

 こういう仕掛けだったのねー。なんでここまで進める前に気づかないかなと突っ込みが入りそうですが、実は話しかける前に懐を漁って何もなかったので、そのままないものだと思い込んでいたのです。話しかけて仕事を請け負うごとに、その分の指示書が入るらしいです。指示書はすべてスキルブックなので、必ず読みましょう。内容ももちろんちゃんとあります。暗殺対象が実はこんなとんでもない奴だとかいろいろ。でもせっかく指示書を作ったなら、ナジルから渡すようにできなかったんだろうか。あ、一部の指示書はナジルの懐ではなく、関係NPCの懐にありました。ネタバレしてしまうと、美食家の指示書はアントン君(マルカルスの砦にいるシェフ)の懐に。まあアントン君も哀れ死ぬ運命なので、死んでから懐を漁ってもいいですけどね。アントン君と美食家の関係については、結構複雑な微妙な関係であることが、彼らの懐に入っている日記や手紙からうかがえます。そして美食家がアントン君の頼みで結構やばそうなことに首を突っ込みかけてたような記述もあり。もちろんMODでの設定。一連の暗殺対象の中で、美食家だけは普通にいい人だったのかなあ、などと、ここまで来て考えています。しかし彼は既にいない。これからドール城に乗り込み、皇帝を毒殺・・・まあ実は影武者だったりするわけだがw

 クエストラインもそろそろ終盤。そして最後のあの戦いではこちらを入れているので
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=54244
 Save the Dark Brotherhood
 みんなをドーンスターの聖域まで連れてこれればなあと思います。

 こっちが一段落すればやっと養子6人MODで子供たちを引き取る予定の別なキャラを動かすつもり。さてこちらのキャラではこれを入れて遊ぶ予定なので
 http://skyrim.2game.info/detail.php?id=75303
  Dark Brotherhood Destruction Quest For The Good Guys plus Penitus Oculatus Overhaul

 今進めているキャラとは真逆のことをやる予定ww

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。